Subscribe via feed.

Crazy Glueレビュー by mine-D

Posted by mine-D on October 21st, 2011 – 10:56 PM
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Crazy Glueレビュー by mine-D
Share on Facebook

思いがけなく届いたEP…というかミニアルバム。7曲も入ってるんだし、ビニール盤の時代ならこれで立派なアルバムだ!な満足仕様。がっつり聞き込んでみました。

サウンド的にはここ最近のフィッシュボーンの音、という感じで意外性はないですね。サイコティック・フレンズ(2000)の頃と最近の音というのは変わってきている気がして、そういう意味でスティル・スタックに近い、と言っていいのか。そんな感じですね。レゲ、ハードロックは昔からある要素なんだけど、パンク的疾走感は昔に比べるとやや薄れていて、どっちかというとキャブ・キャロウェイみたいなビバップ?ハードバップ?スティル・スタック収録のデート・レイプの曲調が濃くなっている印象。特にDUI Fridayがそうなんだけど、アルバム全体にそのトーンが行き渡っていると思います。映画「マスク」でフィッシュボーンがやった「Let The Good Times Roll」、あの路線ですよね。

歌詞は聴き取れないんですが(歌詞カードないしなぁ)、いつものようにシリアスな内容も含まれてるっぽい中、曲調は明るかったりハードだったりというお馴染みフィッシュボーン節健在!という感じ。表題曲のサビの妙に明るい感じとか、Weed, Beer, Cigarettesのなんかおちゃめな感じとか、気に入りました。

いい感じに力が抜けていて、好きなアルバムです。聴けば聴くほどよくなって、何度も聴いてしまうパターンですな。まだの方はぜひどうぞ!

Crazy Glue
Crazy Glue
posted with amazlet at 11.10.21
Fishbone
Dc-Jam (2011-10-11)
売り上げランキング: 9700

This post is under “レビュー” and has 2 respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.

2 Responds so far- Add one»

  1. 1. Chibian Said:

    「力が抜けている」とゆーのはあっしも感じました。
    最初タイトル曲のイントロを聴いた時は「あっれぇ〜」と
    少し拍子抜けしましたw
    年齢的なモノもあるんでしょうが、やっぱり少しずつはベテランなりの
    アプローチの仕方に自然となるものなのかも?なーんて。
    それでも怒りがこもってそーな曲もしっかりあったりするので、
    まだまだ彼らの回り…社会には問題がクソの山ほど積まれているのでしょうか。

    歌詞カードないのはイケませんなぁ〜…。
    ラストの曲は「嗜好品に対する偏見を通して何が正しいのか?を問う」みたいな
    内容だったと思います。アンジェロの最近の詩集に載っていました。

    以前収録される…とアンジェロが言っていたチャリティーの”Smile”という曲は
    入ってないので、次回なのでしょかね?いい曲なんですが….。
    取りあえず、どの曲もそれぞれに個性を持ってて渋さのある、
    いい作品だと思います。

  2. 2. mine-D Said:

    ども!やっぱりねー身の回りの問題、社会問題に対する辛辣な歌詞ってのは(聞き取れませんけど)健在なんだと思いますし、それがなければフィッシュボーンじゃないってくらいじゃないかと。
    ラスト曲の情報、ありがとうございます。さすが!

Post a reply