Subscribe via feed.

このサイトについて

フィッシュボーン・ソルジャーズ!日本で唯一のフィッシュボーンファンサイトだ。話はそう、2000年にさかのぼる。当時っていうか今もやってるんだがRed Hot Chili Peppersのファンサイトをやっていたおれは、RHCPと同じくらい好きだったFishboneの情報を、ネットで探し始めた。長い間ロック音楽を聴いていなかったせいで、Fishboneが「Chim Chim…」を出したことも、メンバーが多く辞めてしまったことも知らなかった。

そんな中、Fishboneは2000年に来日を果たす。以前とまったく変わっていない素晴らしいステージングに感動したおれは、「お、おれにできることはファンサイトを作るしかない!」と思い立ち、サイトを作ることを心に誓ったのだった。当時もそうだし、今もそうだが、海外にいくつかあるのを除いて、日本にはファンサイトと呼べるものは皆無だった。

しかし、ある日ネットを彷徨っているうち、日本語でFishboneの情報をまとめているサイトを発見した!思わず管理されている方にメールを送り、「一緒にやりませんか」とお誘いした。それがmoggeeさん。2001年か2002年くらいの話。何年かたってご本人にお会いすることになるが、その当時はどんな人なのか、いくつなのか、そういった事はなにも分からないまま連絡を取り合っていた。moggeeさんは信じられないくらい気前よく、お持ちの貴重な資料を大量に送ってくださった。日本にもこんなコアなファンがいるんだと思い、驚愕したのを覚えている。

tsunami_enterそんな二人の協力体制のもと、2004年に「Tsunami Wo Okose!」というサイト名でやっとこさファンサイトをオープン。ちなみにこのサイト名はアンジェロが90年のチッタ公演で叫んだセリフから。RHCPファンで知り合ったB坊さんに素敵なイラストを描いていただき(海外の訳の分からないTシャツ屋が無断でイラストをパクッたりした)、上々の滑り出し。しかしバンドの方は色々と情報は伝わってくるものの、ライヴ盤の他はリリースがなく、バンドメンバーは流動的ではっきりしないし、当然来日の予定もない。そんな状態だった。

しかしファンサイトという場所があったおかげで、コアなファンの方が集まってくれるようになり、これは本当にうれしかった。「Green Heaven」さんや、Chibianさんとは、TsunamiのBBSに書き込んでくださったのがきっかけでお近づきになれ、後のプレゼント企画で大々的に協力してもらったりした。

ろくなニュースがなかったFishboneだが、2006年には待望の新作「Still Stuck…」がリリースされて、これがもう感涙ものの充実した内容だったので、これまたうれしくなった。来日の期待も高まったが、2007年にフジロックへの参加がアナウンスされたものの、直前にキャンセルという憂き目に。がくり。

2008年には、前述のGreen Heavenさん、Chibianさんの協力により、Tシャツプレゼント企画を実施することができた。管理人なのにほとんど何もできなかったおれだったが、いろんな人の協力でバッチリ盛り上がり。マジ感謝。

その後2009年にアンジェロのソロ来日、2010年にはフジロックへの参戦と、ついに来日も果たしてくれて、バンドとしても盛り上がりを見せてきた!バンドメンバーもなんとか固定したまま現在に至る!いいぞ。そしてついに2011年の8月にはスカ・フェスティバルへの参加+単独公演も発表され、これはうちのサイトとしてもいっちょう何かやらかそう、というか今までの無料スペースから、ドメイン取って移行しません?という話を、moggeeさんとChibianさんに持ちかけたのがきっかけ。

サイト名が「Fishbone-jp」というものに変わった訳だが、これに関しては2004年のスマトラ島沖地震による津波被害、さらには2011年3月の東北地方太平洋沖地震による津波被害と、深刻な被害が出ている中でアンジェロがうひょー!ってツナミに乗ってるイラストやらサイト名は、あまり大っぴらにできない後ろめたい気分を感じていて、何とかしたいねと話し合っていた経緯もあり。

そこで、2011年7月より「fishbone-jp.net」ドメインで新たに仕切り直すことにしたって訳。なんか公式サイトみたいな大上段の名前だけど、あくまでファンサイトだから、その辺は間違えないで。ブログ記事は旧サイトのものを移行したけど、特色としてはFishboneの魅力に加えて、あまり知られることのないアンジェロのソロ活動「Dr. MaddVibe」に焦点を当て、加えてChibianさんの活動も紹介したいと思った。旧サイトは当面そのまま残しておくつもりだけど、ニュースなんかはこちらにだけ投げるので、ぜひ皆さんチェックしてくださいな。

そんな訳で、バンドが続く限り、ファンサイトもやめるつもりはないので、これからもよろしく頼みますよ!盛り上げていきましょうぜ!(mine-D)